チーム

ボスウェルネスジャパン

高橋麻帆

Purveyor of Global Challenges & Solutions

国際NGOプログラムコーディネート、東日本大震災支援活動、自然派化粧品ビジネスブランドコミュニケーションなどの経験を経て、エシカルビジネスが未来を変えるおもいと、フランキンセンス、アロマセラピー愛をもとにボスウェルネスジャパンを運営。70ヵ国以上を訪問し実感したことは、グローバルにインスピレーションを受け、ローカルで持続可能なアプローチをすることの大切さ、そして各地の記憶には香りが強く存在していること!クライアントコミュニケーション、事業開発、経理総務全般を担当しています。

ケイシー・ライオン

Arcane Technologist

ボスウェルネス創立直後よりビジョン構築に関わり、バーモント州蒸留所では蒸留、技術面全般、IT、クライアントコミュニケーションを担当しています。幼い頃からコープ(協同組合)概念を元に育ち、専門のITではオープンソースソフトウェアを信じるケイシーの信念は、公平・公正な共有を大切にするボスウェルネスのビジョンと合致。創立以来の包括的な経験を元に、ボスウェルネスジャパンの事業開発を担当しています。

ボスウェルネス(アメリカ・バーモント州)

マハディ・イブラヒム

Visionary, Founder, Resident Bushman

1988年にソマリア内戦から逃れるため難民として北アメリカに来たマハディ。カナダ・モントリオール大学でビジネスを学びます。起業家精神にあふれるマハディは、アメリカ・バーモント州に腰を据えた後、2005年にボスウェルネスを創立。現在は主にソマリランドからの樹脂調達や蒸留を担当しています。ボスウェルネス創立時から大切にするビジョンを元に、採取者の生活が向上していると聞くのが何よりの喜びです。

ジェイミー・ガービー

Co-Founder & Swiss Army Woman

共同創立者のジェイミーは、コミュニケーション専門の経験を生かし、特にソマリランドでの社会的インパクトを発信することを大切にクライアントコミュニケーションや経理総務全般を担当しています。クライアントからボスウェルネス精油の持つ力やインパクトを聞くことが何よりの喜びです。

ソマリランド現地代表

イドリス・イブラヒム

全現地パートナーとの連携コーディネートに日々奮闘するイドリス。 修士課程ではエンジニア専攻、数十年の実務実績もあるため、井戸設置プロジェクトの現地監督も務めます。氏族間の対立が起こると収穫地域の移動が困難になったり、読み書きができない採取者にオーガニック認証の研修をしたりと、常にチャレンジの連続。それでも、自分の信念に沿った仕事ができることを誇りに思っています。